Bc88cf480ac1ca92701b0a0d304a1b36

官報で法令読み太郎(未完)Created on 2016-12-25 by klta6154

はじめに

本記事はOUCC アドベントカレンダーの三日目の記事です。
前の記事はあまや君の私的WindowsのUnixShell環境(暫定)で、次の記事ははるさめ君のBNFでパーサコンビネータに触れるでした。
大遅刻してしまってほんとすみません…
あといつもの虚無みたいな日報の20倍くらいの長さになりますので皆さん気を付けてお読みください。

TL;DR

官報を読むとどんな法令が生きているかわかるはずだけど、いろいろな意味で選ばれた人間にしか読めないので今回は問題点だけ挙げて読まずに死にます。
法令見たかったら素直に法令を所管する各省のサイトで確認しましょう。

注意書き

筆者は法制執務のど素人なのでいろいろ間違っている可能性があります。特に固有名詞を間違えたらごめんなさい。
またこの文章に書かれていることは個人の感想であり、所属するいかなる組織・団体の意見をも代表しません。

官報って何

そもそも官報とは何なのでしょうか。
Wikipedia先生の記述によると「国、即ち政府の機関紙」であり、「国としての作用に関わる事柄の広報および公告をその使命とする。」ということです。
内容は法律や政令などの決め事(全部ひっくるめてとりあえず法令と呼ぶことにします)から人事異動、新しい入札案件など多岐にわたります。

で、官報は以下のリンクから読めます。
インターネット版「官報」
ちなみにネット版なので直近30日分しか読めません。過去にさかのぼって読む場合には有料ライセンスが必要です。
あと官報は著作権の対象にならないらしいですが、今回は大事をとって具体的な引用はせずに話をします。

まあ読む

無事に官報を手に入れたら、とりあえず法律とか書いてありそうなところを探しましょう。だいたい号外とか特別号外とか書いてあるやつに載っています。
さて、目次を読むと、この法律の類は二種類に分かれる1ことが分かってきます。つまり以下の通りです。
- ○○法(法律、政令など)
- ○○法の一部を改正する法律(政令など)
両者の違いは簡単で、パッチ当たってない素のバイナリが前者(新規法令)、配布されたバイナリに対するパッチ(一部改正法令)が後者と大雑把に説明できます。2
官報でやっているのは「今度からこういうバイナリを社会にインストールしますね」とか「今入ってるこの法令にこういうパッチ適用しますね」という広報活動なんですね。

しかし、この作業、特にパッチ配布(一部改正法令の交付及び施行)の形式のおかげで以下のような死にポイントが出てきます。

死にポイント一覧

今なんのパッチが当たってるのか分からなくて死ぬ

アホかと思うかもしれませんが、改正の多い法令だと「今の法令のすがた」が把握できなくて死に至るケースがあります。要はパッチの当て忘れです。
特に法令はそれぞれ施行日というのが定められていて、いつから法令の改正が適用されるのか決まっているわけですがそれが法令ごとにバラバラだったり、一つの法令が複数施行日を持ってたりするので混乱が無限に発生します。
ちなみに普段法令を作る際は、そういうことが無いように現行日本法規っていう一冊1万ページほどの分厚い本から条文を写してきてから作業するそうです。

パッチにパッチが当たって死ぬ

一部改正法令も法令なので、その内容の一部を改正することができます。
…が、このような法令改正のネストを作成してしまうと。、改正が複雑になりすぎて法令が結局どうなったのかが一瞬で分からなくなります。

パッチが読めなくて死ぬ

パッチ単体だと何書いてあるかわからないように、一部改正法令も単体だと何書いてあるかわかりません。
もとの法令を持ってくる必要があるわけですが端的に言って手間です。
自治体の中にはこのような形式3での法令の改正を廃止し、改正が適用された(?)法令を公布するするところもあるようです。
これはパッチを当てたバイナリをそのまま配布することに相当しますが、基本的にこれをやると分かりやすい反面配布するブツの大きさ(即ち文章量)が爆発するので一長一短というところのようです。

おわりに

もう25日が終わってしまうし、この後コミケカタログ見ないといけないのでオチがないですが今回はここで終わりにします。
次回があったら続きの話でも書きましょうかね。


  1. ○○法の全部を改正する法令とかもあるにはあるが、新規制定との違いが(元の法令があるかどうか以外に)よくわからない。 

  2. 実際のところ新規法令がほかの法令に全く影響を与えないことなどそうそうないので基本的に新規法令もほかの法令を改正する。つまりパッチを内包したバイナリということになる。 

  3. 一部改正法令のような形式の文章を「改め文」と言います。