Nwht0xn1

日報 2016-06-28Created on 2016-06-29 by r7kamura

    仕事

    リファクタリングした結果、いい機能がわりと簡潔な仕組みで完成して嬉しい。今日はたまたま他人のコードをレビューしている割合が多かった。

    新刊管理奴

    ここ3日ほど、Amazonで漫画などの新刊を管理するサイトをつくっている。

    Kindle版を賢く管理できるようになった

    Amazon Product Advertising APIについて理解を深め、Amazon Product Advertising APIでKindle版の書籍を絞り込む・除外する・判定する - Programming という記事にいろいろまとめた。その上で、紙版と電子版の書籍を1つの書籍としてまとめて認識できるようになった。

    大まかなカテゴリを認識できるようになった

    コミック・ライトノベル・イラスト集と公式ガイドブック、の3つに大まかにカテゴリを分け、書籍データがカテゴリ情報を持つようになった。ところで、ボーイズラブコミックというジャンルはどうやらAmazon上ではコミックとは別のカテゴリに属しているらしく、いまのところ面倒なのでデータに保存されないように弾いてしまっている…全国のBLファンの人のために後で対応したい。

    カテゴリが判別できるようになったことで、リストを生成するときに、カテゴリをまたいでリストをつくれないようにしてもいいかなと考えている。ラノベ版とコミック版を両方読みたいという人は稀で、かつかなりモチベーションの高い人かなと思っているので、こういう人は仮にリストが2つに分かれていても2つともきちんと購読するモチベーションがありそうという予測がある。カテゴリをまたげない利点として、単純に多くのユーザの利便性が向上するほか、データベースを検索する効率が向上することや、イラスト集などが入ってほしくないケースで適切に弾けるというのがある。

    著者情報を持つようになった

    著者が複数いる場合の対応が思い付かずに放置していたが、とりあえずメインの著者を1人だけ登録できるようにした。しかし原作がラノベでコミカライズされたものは、1人目の著者として原作者が返されるようなので、複数の著者を持てるように後々変更しないといけない。

    巻数はまだ判定できていない

    巻数をうまく判定できないものか考えたが、かなり泥臭い処理が必要そうということと、タイトルに数字を含むようなものが存在した場合の対処などを考え、まだ実装には至っていない。同じシリーズで数字だけ違うというものが2巻分ぐらい存在すれば精度高く判定できそう。

    読みたいボタンと購読機能が被ってる問題を認識した

    書籍ごとに読みたいボタンを押すことができるが、一方で読みたいあるいは読んでいる書籍のリストを購読できる機能があり、役割がかなり被ってしまっている。読みたいボタンは書籍のランキングデータなどにも使いたいので、どうしたものか。

    リストのあるべき姿について考えた

    9割型のユーザが、続き物のシリーズの別の巻を知りたいという要求でリストを利用することになると思う。それを考えると、あまり自由奔放なリストの使い方をされると困ってしまう。例えば「ガンガンコミックス」などのリストをつくられてしまうとかなり困る。なので、リストの作成に著者とカテゴリを必須にしようかと考えている。こうすると、複数のリストが入れ子状になることはあれど、それ以外の形では基本的に被らないリストができるのではと考えている。

    こうなってくると、もはやユーザが自分でリストをつくれるという構造自体不要で、システム側が賢く全てのリストをつくってくれるという方式にした方がいいかもしれない。機械的にリストを生成するようにすれば、1つの書籍は必ず1つのリストにしか所属しないということも可能になる。そうなると、購読ボタンと読みたいボタンの役割が被ってしまっている問題が解消できるかもしれない。というのも、複数のリスト候補があるのでユーザに選んでもらう必要性があったのが、そうではなくなるので、読みたい・読んだボタンを押したリストを勝手に購読したことにしちゃっても問題がなくなるかもという話。

    翌月分書籍は画像抜けが多い

    来月分のまだ発売されていない書籍についてデータを集めてみたが、画像が用意できていないものが意外と多かった (もう今は月末に近いが30%ぐらいある感覚)。クロールするならその辺を重点的に更新していくのがいいかも。

    WikiHub

    日報を書くにつれて、このへんの機能が欲しくなってきた。ようするに他の記事へのリンクを表示すべき。

    • 次の記事・前の記事へのリンク
    • WikiHub内のトラックバック

    あと画面上部にパンくずリストを用意したい。

    日報とTODO

    日報をゆるく書くと次の作業時のTODOがまとめられていくので良いかも。これまで明確に「今日やったこと」「次やること」という部分に分けて日報を書いていたけど、今日やったことをトピック化して、それらについてそれぞれ次やりたいことを交えながら内容を書いていくほうが、いろいろと発想が広がりやすくて良い気がしてする (仮説段階)。

    業務連絡

    6月30日(木)と7月1日(金)は出張で渋谷周辺にいます。