image

今日知られている物理学の諸法則は統計的な法則だということを説明しました

それらの法則は、ものごとは放っておけば自然に無秩序な状態へ変わってゆく傾向がある、ということと深い関係があります。

遺伝物質が高度の持久性をもっていること、その大きさがはなはだ小さいことと調和させるために、事実上「分子を発明する」ことによって、無秩序へ向かう傾向を避けなければなりませんでした。

その分子は異常に大きな分子で、高度に分化した秩序をもち、量子論の魔法の杖によりしっかり護られている一つの芸術作品ともいうべきものでなければなりません。

生命とは何か―物理的にみた生細胞 (岩波文庫) : シュレーディンガー, Erwin Schr¨odinger, 岡 小天, 鎮目 恭夫 : 本 : Amazon